メディア表現学部ウェビナー「テクノロジーで社会課題を解決するメディア表現」Vol.4

最新のテクノロジーとメディアの力を活用し、最新のエンタテインメントから社会課題解決まで、社会とつながり未来を変革する力を育むメディア表現学部。その開設を記念して、学部長就任予定の吉川が、学部就任予定教員をゲストに迎え、最新の研究内容やこれからのメディアを捉える視点について議論します。
第4回は、クスールの代表を務め、プログラミング教育に早くから取り組んでいらっしゃる松村慎さんをゲストに迎え、●プログラマーと現場のギャップ、●プログラミングに何より大事な力とは?、●ビジネスマンがしがちなプログラミングについての誤解、などなどプログラミング、プログラマーの今について、語っていただきます。プログラミングを勉強しなきゃと思っているビジネスママン、子供にプログラミングを勉強させたい親御さん、プログラミングで身を立てたいと思ってる方などにとって、面白いお話が聞けるはず。こうご期待!

開催日時

2021 年 1月 15日(金)
12:00~13:00 (参加無料・要申込)

参加方法

本イベントはオンライン会議室システム「Zoom」を使用いたします。

登壇者

松村慎(21年4月メディア表現学部 メディア情報専攻の教員として就任予定/株式会社cshool(クスール)代表)
2002年カナダバンクーバーから帰国したのち、株式会社バスキュールにFlashデベロッパーとして勤務。2006年に株式会社クスールを設立。クスールはウェブ制作業務のかたわら、ウェブやモバイルの技術を中心としたものづくりを教える学校も運営。またウェブクリエイターの学園祭dotFesも運営している。
https://cshool.jp/

吉川昌孝(京都精華大学創造戦略機構教授/21年4月メディア表現学部学部長就任予定)
博報堂のマーケティング局、生活総研、博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所長を経て現職。著書に「『ものさし』のつくり方」(12)、「メディアガイド2020」(20)「AFTER SOCIAL MEDIA」(20)など。現在NHK「三宅民夫のマイあさ!」レギュラーゲスト、東京大学大学院学際情報学府修士課程。
https://www.kyoto-seika.ac.jp/…/yoshikawa-masataka.html

 → 国際文化学部・メディア表現学部 開設記念